膝,痛み,痛い

膝の痛みって自分で治す事が出来るの?

 

 

 

「最近、これまでに経験した事のない膝の痛みに悩まされている・・・」
「歩き始めがもっとも辛く、階段を下りる時なんかは激痛が走る・・・」
「膝の痛みをかばったせいか、腰や股関節も痛くなり症状が拡がっている・・・」

 

 

 

そんな悩みを持たれている方は、多いのではないでしょうか?

 

 

 

一般的には、膝の痛みはTVコマーシャルなどの影響で、高齢になったら
軟骨もすり減るので、仕方がないというイメージが多いと思います。

 

 

 

しかし、そうはいっても60代を過ぎたからと言って全員が膝が痛いかと
いうと違い、やはりそこには、発症する原因というのがあるのが事実です。

 

 

ここでは、膝の痛みを引き起こす根本原因について
ご説明をしたいと思います。

 

 

膝の痛みついて、まずは知っておくべき事

 

〜原因はあなたの生活習慣にあります〜

 

 

膝が痛い方のの大部分は、変形性膝関節症という症状だと思います。

 

 

この場合の痛みの根本原因は、長年の運動不足によって、膝周辺の筋肉が
極端に衰えたこと、さらには日常の姿勢や体の使い方の悪化よより、骨盤が歪み
その影響で膝関節に過度な負担がかかっている事です。

 

 

ですので、決して避けられない病気ではなく、ご自身が招いた病気ということになります。

 

 

自分で慢性的な膝の痛みを改善する方法があります

 

 

膝の痛みついて、まずは知っておくべき事

 

〜まずは小さな一歩が大事〜

 

 

ですので、生活習慣の積み重ねからくる膝の痛は、自分で治すことができるのです。

 

 

そのためにまず改善いただきたいのが、姿勢。

 

 

典型的な猫背タイプの方や、左右で体を傾けるくせがある方など、
そういった方は、骨盤が歪みが必ず起こっています。

 

 

骨盤がゆがむと、それと直結している大たい骨が傾き
結果として、膝関節に体重が均等にかからなくなります。

 

 

それが、痛みにつながるのです。

 

 

まずは、小さな一歩ですが、姿勢の矯正から始めましょう。

 

 

最初の1歩を踏み出したい方はここを見てください

 

 

このホームページが、あなたの膝の痛みを少しでも軽減する事が出来ることを、心から願っています!